アトリエレモンリーフ アレンジ用語集

アレンジ用語について
           
 デザイン用語説明
スワッグ
花束を壁に掛けるアレンジの総称。麻ひもやワイヤーで縛るタイプや、束ねた枝をベースに作るタイプなどいろいろあります
ホリゾンタルアレンジ 
枝など用いてつくる水平の形のスワッグ
ストレートアレンジ
花束をひとまとめにしたアレンジ  
 クレッセントアレンジ
カーブした三日月形のスワッグアレンジ 
バーティカルアレンジ 
垂直のスワッグ
パニエ 
小麦など直線的な花材をスパイラルに組んでいき、束ごと立たせるアレンジ。見た目がドレスのパニエのようにみえます
 コサージュ・ブーケ
全ての花材を1本、1本、ワイヤリング、テーピングしてまとめます。コサージュはちいさなブーケをつくるつもりで。
 バスケット
バスケットからお花があふれるようなナチュラルアレンジ。オアシスの留め付け方はいろいろな場面で流用できます 
 フレーム・ボードアレンジ
フラットな面へのアレンジ。その特性を知り、フレームの形状や花材の流れを生かしながら、アレンジします 
バンドルアレンジ 
小枝を束ねたものベースにしたアレンジ。フォームを固定方法がポイント。掛けても置いても楽しめる、フレキシブルなアレンジ
 ガーランド
花綱。ちいさな花束をワイヤリングとテーピングでいくつも作り、それらをつないでいく。細くも長くも作れ、形も自在です。 
リース 
クリスマスなどによくみる定番のスタイル。円の形をしたベースへのアレンジ。インテリアとして通年をとおして楽しむスタイルとなっています。ベースを見せるワンポイントアレンジからすべて埋めるスタイルまでデザインは様々。 
ツイギーリース
自然な枝の流れを生かし、枝を流線型にさしていくリースアレンジ。自然の力強さが魅力のデザインです
トピアリー
基本は球状のフォームを用いて、全体にお花をさしていくアレンジ 。小枝を軸にさしてかざると独特の愛らしさです
 テラコッタアレン
素焼きの鉢の形や色にあわせてデザインアレンジします。陶器へのアレンジも同様です 
  アーティフィシャルアレンジ
市販ではなかなか手に入らない最新アーティフィシャルフラワーをご紹介、グレードの高いアレンジをお楽しみいただきます。
メリアアレンジ 
花びらをばらして、再度、組み立てて、大輪をつくるアレンジ昔は造花といっていましたが、現在はアートの域に達するほど、技術が進歩しました。
  アズフラワー
メリアアレンジのの葉っぱバージョン。リーフをつかって、文字通り花のように大輪の花をつくる技法。
多肉植物&リーフアレンジ 
知らないとお水をあげてしまいそうなくらいリアルな葉や苔、多肉植物をつかったアレンジです。通常の花の教室ではご紹介の少ない、癒し系のアレンジです


   資材用語について

                   
  素材用語説明
ベース
全てのアレンジの土台。(器、リースベースなど)
  アーティフィシャル 
昔は造花がありましたが、現在はアートの域に達するほど、技術が進歩しました。専門デザイナーによって、自然界と同じような質感と色のグラディエーションが施されています。
 プリザーブド
天然素材の花を特殊な方法で生の質感をいかしたまま長期間たのしめるようにした花材の総称。高級感のあるアレンジになり、現在では市販のアレンジでもよく見かけます 
フォーカルポイント
アレンジの中心となるお花 
スパイラル
螺旋 (渦巻き状)
 グルー
樹脂でできた防水用接着剤
 ワイヤリング
ワイヤーを使い、茎を曲げたり、強化すること
 テーピング
フローラテープを使い花や葉の茎を巻いていくこと
リボンワーク
リボンなどをデザインにあわせアレンジすること
ファーム、 オアシス、サハラ
花止めの固体素材 メーカーによって呼び方は様々です。花材をグルーやボンドでとめます
グルーピング 
一箇所に同種類の花材を集中させることによって、メリハリとインパクトのあるアレンジを作る